Point Cloud Library 1.12.1

PCL 1.12.1をリリースしました。
変更内容はChange Listを参照してください。

All-in-one Installer

PCL All-in-one Installerを利用することで開発環境をすぐにセットアップすることができます。
PCL 1.12.1のAll-in-one Installerは以下のリンクからダウンロードしてください。

環境変数を以下のように設定してください。

変数名 変数値
PCL_ROOTC:\Program Files\PCL 1.12.1
Path%PCL_ROOT%\bin
%PCL_ROOT%\3rdParty\VTK\bin
%OPENNI2_REDIST64%
環境変数

NOTE: Suppression VTK Warnings

VTK9以降で将来的に削除される非推奨機能についての警告が表示されます。
以下の一行を加えることで警告を抑制できます。

pcl::visualization::PCLVisualizer::Ptr viewer = pcl::make_shared<pcl::visualization::PCLVisualizer>( "Point Cloud Viewer" );
viewer->getRenderWindow()->GlobalWarningDisplayOff(); // Add This Line To Suppression VTK Warnings

Build Notes

多くの場合、PCL All-in-one Installerを使うことで簡単に開発環境を構築することができます。しかし、特定のオプションや他のコンパイラを利用したい場合、PCLおよび3rdPartyを自分でビルドする必要があります。
こちらにPCL 1.12.1と3rdPartyのビルド方法を公開するので参考にしてください。

Contributions

不具合を発見した場合はGitHubのIssuesで報告、修正できる場合はPull Requestsをお送りください。
質問はCommunityに投稿することをお勧めします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です